事業概要

新規抗体医薬品の研究開発

iBody ではアカデミアとの共同研究により、ヒトが持つ抗体が疾患の進行や抑制に関わるがん、自己免疫疾患、感染症にフォーカスを当て新規抗体医薬品の研究開発に取り組んでいます。

 

従来のがんに対する抗体医薬品の開発では、正常細胞とがん細胞の遺伝子発現の差を解析する事でがんに特異的な標的分子(抗原)を特定して、これに結合する抗体を、動物に免疫するハイブリドーマ法やファージディスプレイ法などの技術で取得する方法が主流でした。このようなアプローチによる抗原探索では、発現量や遺伝子配列が変化している抗原しか見出すことができませんでした。しかしながら実際のがんには、がん特異的糖鎖が付与されたタンパク質や、がん化により本来細胞内にあるタンパク質が細胞表面に表出されたものなど従来の方法で見出されてこなかった数多くのがん特異的な抗原が存在します。また、大腸菌や動物培養細胞で作製した遺伝子組み換え抗原は、付加している糖鎖がヒトの体内にある実際のがん抗原と異なり、立体構造も異なっていることがあります。このため、遺伝子組み換え抗原をもちいた免疫や抗体の選定は、必ずしも医薬品に適した抗体の取得には適切ではないと考えられます。

 

それに対して、iBody のEcobody技術により取得する抗体は、ヒトの体内に実在するがん特異的抗原に結合する抗体を取得できるため、医薬品としての高い有用性が期待できます。また、Ecobody技術により取得した抗体はヒトの体内での選別を受けた抗体であり、医薬品にした場合の安全性や安定性においても優れると考えられます。現在開発されている抗体医薬品の多くが既に開発されている抗体と同じ抗原を標的に開発されており、新規標的の枯渇が抗体医薬開発の課題とされていますが、Ecobody技術によりヒトの体内の抗体を網羅的に取得、評価することで新規の標的に対する抗体を創出できる可能性があります。​このような手法は、がんに対する抗体医薬のみならず、自己免疫疾患や感染症でも同様に優れた抗体医薬の発見につながると考えます。

 

iBody では、この独自の抗体創薬の手法を用いて、ヒトの体内に実在する抗原に結合し、既存の抗体医薬では十分に治療効果を出すことができない疾患に対して優れた有用性を示す医薬品開発を進めています。

研究開発プロジェクト

 

Copyright ©2020 iBody Inc All Rights Reserved.