​技術

抗体発掘技術で人類の健康とQOLの増進に貢献します

我々は、名古屋大学生命農学研究科で開発されたB細胞1個からモノクローナル抗体(mAb)を迅速に作製する技術「Ecobody技術」をベースとし、ハイブリドーマ法では取得困難であった、ウサギやヒトモノクローナル抗体を微量血液中から探索し提供します。

​モノクローナル抗体

抗体は免疫機能の中心を担うタンパク質の一つです。体の中にあるB細胞ひとつひとつがそれぞれ異なる抗体を作っており、病気の原因となる菌やウイルスに結合して、私たちを守っています。​このような、抗体の「物質を見分けて結合する能力」を利用し、医薬品や検査薬などに活用されています。

有用な抗体を見つける技術

抗体を実用化するには、有用な抗体を見つけてくる「探索」の工程が必須です。市販の抗体は、主にマウスのB細胞を不死化し培養して見つけてきたものです。一方、ウサギやヒトのB細胞から作られる抗体は検査薬や医薬品として非常に有用ですが、それらを簡単に見つけられる技術がありませんでした。

Ecobody技術

ーウサギやヒトの1個のB細胞から、2日間でmAb作製と評価までできる世界最速の抗体探索技術ー

 

弊社は、ウサギやヒトの体内で作られている有用な抗体を素早く見つける「Ecobody技術」を確立しました。既存技術では、mAb発現・評価に動物細胞を用いる方法が主流ですが、名古屋大学で開発された独自技術により、無細胞タンパク質合成系(生きた細胞を使用しない試験管内反応)で活性型抗体を効率よく作製し評価することができるようになりました。これにより、従来数か月間かかっていた抗体の探索工程を世界最速の2日間で実施できるようになりました。Ecobody技術により「付加価値の高い抗体の迅速な探索」が可能です。技術詳細については下記参考文献をご参照ください。

​参考文献

論文

Please reload

総説

Copyright © 2017 公益社団法人日本農芸化学会, DOI: 10.1271/kagakutoseibutsu.55.490

Please reload

ポスター

Please reload

会社所在地 

〒464-0814

愛知県名古屋市千種区不老町1番

​名古屋大学インキュベーション施設102号

Access

102 Incubation Facility, Nagoya University, 1 Furo-cho, Chikusa-ku, Nagoya, Aichi 464-0814, JAPAN 

お問い合わせ / Contact

info@ibody.co.jp

Copyright ©2019 iBody Inc All Rights Reserved.